息子の友達と浮気しています。それが興奮する、とっても。

私は42歳です。
25歳の時、結婚して1年後に長男のススムが産まれました。ススムは今高校1年生。

私は今、ススムの同級生ケンイチと不倫関係にあります……6月頃でした。
その日は朝から横浜に買い物に出掛け、自宅近くの駅に着くと
雨が降り出していて傘を持ってない私は濡れながら家に着きました。

家に帰ると、玄関に3~4人くらいの靴が散乱しているので
ススムの友達が来ているのだと分かりました。

2階に上がると賑やかな声が聞こえたので「ススム~帰ったわよ」
と言ってドアーを開けると、慌てて何かを隠すような動き……。
ススムも他の子達もは慌てて

  • 「お帰り」
  • 「おじゃましてます~」

なんて言いながらなにやらモゾモゾとしてました。
私は「いらっしゃい」と声を掛け、下に戻りました。
多分エッチな本でも見ていたんだと思います。

私は雨の中、傘もささないで帰ってきたのでびしょ濡れだったためシャワーを浴び、
着替えしてからコーヒーと菓子を持ってススムの部屋の前まで行くと

  • 「お前のかぁちゃん美人だなぁ~」
  • 「そうか~。もうババァだぜ」(ススムの奴め)と思いながら
  • 「ババァで悪かったわねぇ~。せっかくコーヒー持ってきたのにぃ」

と言いながら部屋に入りました。

  • 「やべぇっ聞こえちゃった」
  • 「聞こえました」と言いながらドンと菓子を置くと、
  • 「おばさん美人ですね」とケンイチが言ってくれました。
  • 「そんなフォローはいいわよ~」

と捨て台詞を吐きながらそそくさと1階へ行きました。
どうやら雨で部活が休みとなり皆で集まったようでした。
初めてケンイチと会ったのはその時でした。

まさかこんな関係になるなんて……
どうやらうちはススム達の溜まり場となったようで
それからもちょくちょく皆で集まっていました。

ケンイチと初めて会ってから1ヶ月くらいした頃でした。
私はその日、友達のケイコとお茶をする約束をしていましたが、
ケイコの体調が優れず、中止になってしまい家でテレビを見ていました。

みのもんたが出てたのでお昼をちょっと過ぎた頃だと思います。
家のチャイムが鳴り、インターホーン取るとケンイチでした。
ドアーを開け、

  • 「あら松田君。どうしたの?」
  • 「すいません。この前遊びに来た時に定期入れを忘れちゃったみたいで」
  • 「本当。おばさん見てないけどススムの部屋かしら~」
  • 「多分そうだと思うんですが~」

私はケンイチを家に上げ、ススムの部屋を探すよう言いました。
ケンイチは2階に上がりケンイチの部屋を探しましたが見つからなかったようで
「おばさんすいません。違うとこで落としたみたいです」
と言いながら2階から降りてきました。

  • 「そう~。もし見つかったらススムに渡しとくね」
  • 「せっかくだからコーヒーでも飲んでいく」

私もケイコのドタキャンがあり暇をしてたのでケンイチを呼び止めコーヒーを勧めました。

  • 「そういえば学校は?」
  • 「今日は寝坊しちゃって」
  • 「あらっだめねぇ~。これから行くの?」
  • 「はい。家を出たら鞄に定期がないのに気づいてススムの家に忘れちゃったかなぁ~と思って」
  • 「そうなんだ~。見つかればねぇ」

私とケンイチはコーヒーを飲みながら
他愛無い会話を交わしていましたが、
沈黙がありなにか話さなきゃと思った私は、

  • 「そう言えばさぁ~。松田君達が初めてうちに来た時、おばさんススムの部屋にコーヒー持っていったら、慌てて何か隠したわよねぇ~。あれ何?」
  • 「えぇ~気づいてたんですか」
  • 「分かるわよぉ~。あなた達の慌てぶりでぇ~。エッチな本でも見てたんじゃなぃ~?」
  • 「いやっっそれはぁ」
  • 「いいのよ思春期だもんねぇ~」
  • 「おばさんも見ましたか?思春期の頃」
  • 「見ないわよ~、おばさん女だもん。ってやっぱりその手の本隠したんじゃないぃ」
  • 「バレちゃった。ススムには内緒ですよ。俺がバラしたの分かったら怒られますから」
  • 「言わないわよ~そんな事。松田君は彼女とかいないの?」
  • 「まだいないんすよ~。告られた事はありますけど~、好みじゃなくて」
  • 「そうなんだぁ~どんな娘が好みなの?」
  • 「ん~学校の同級とかはいまいちなんですよねぇ~。子供っぽくて」
  • 「じゃあ松田君は年上が好きなのかな」
  • 「そうですね。おばさんみたいな人」

ドキリとした。
ケンイチは私の目を見てそう言った。

「またまたぁ~おばさんにおべっか使っても何も出ないぞぉ」
私は久しぶりにそんな事言われたものだからドキドキして答えた。
「おべっかなんて使ってないよ。おばさん美人だし」私は精一杯取り繕って

  • 「ありがと」
  • 「おばさん。俺初めておばさんを見た時からすごくドキドキしていて」
  • 「あらっ、おばさん口説く気」
  • 「そんなんじゃぁ…。ただおばさんと会ってから毎日おばさんの事考えちゃって……」

しばらく考えたのちケンイチは、
「おばさん。俺まだ女の人と付き合った事なくて。おばさん……」
恥かしそうに下を向きながらケンイチは小さな声で、

  • 「教えてほしい……」
  • 「えっ何を」
  • 「女性を……」

どうしよう……息子の友達に女を教えてほしいと言われてる。
ダメよ。そんなの親子ほど年が離れているのに~。
しかも息子の同級生……私は葛藤してしばらく考えていると……

「俺、おばさんの事考えて自分で……もう我慢できないよ。好きですおばさん」
ケンイチは真剣な眼差しを私にぶつけてきた。
何年ぶりかしら、男にこんな事言われるの。

  • 「だって、おばさんは結婚してるし、あなたと同じ年の子供もいるのよ」
  • 「そんなの分かってます。でもどうしようもないんです。おばさんの事考えると……」

嬉しかった。
結婚して17年。浮気をしようと思った事は一度もない。

多分それはそんな機会が今までなかったからかもしれないけど……
5年も前から夫とはセックスをしてないし、今ではそれが普通になってしまい
自分でもセックスしたいなんて思わなくなった。

昨日までは……
私の中で何かが崩れていく気がした。

  • 「おばさんでいいの?初めてなんでしょ」
  • 「はい」
  • 「あなたのお母さんと同じくらいの歳よ」
  • 「おばさんは綺麗です。女性としてとっても魅力的です。おばさんとだったら俺、俺……」
  • 「わかったわ。でも今日はいや。おばさんこんな格好だし。
    もうちょっとすればススムも帰ってくるわ」
  • 「……」
  • 「松田君。バイク乗ってるでしょ。」
  • 「はい」
  • 「今度、おばさんとデートしよっか。バイクでどこか行こうよ」
  • 「本当ですかっっ」
  • 「うん。今度の土曜日なんてどう?ススムも夫と出掛けていないし。
    おばさん一人だから遊びにいきたかったの」
  • 「はいっっ。迎えに来ます。」
  • 「じゃあ決まりね!10時に来て!」

ケンイチは嬉しそうに残りのコーヒーを飲むと立ち上がった。
私の性欲は爆発しそうで、思わずケンイチの腕をつかみ、

  • 「松田君。キスしてあげようか」
  • 「えっ」
  • 「大人のキス教えてあげる」

と言ってケンイチと唇を合わせた。
最初は唇だけの軽いキスだったがケンイチの首筋に腕を回し私は淫らに舌を入れた。
唾液がまざりケンイチの股間はみるみる破裂しそうになっていた。

久しぶりに長いキスをした。
「今日はここまでね」
ケンイチはグッタリしていた。

デートの日

土曜日。
ちゃんとケンイチは約束の時間に迎えに来た。
バイクだから服装はどんなのにしようかとイロイロと悩んだが、
歳の離れた二人が変に見えないように精一杯若い格好を選んだ。

Gパンにノースリーブのシャツ。
髪は前日に美容院に行き巻き髪風にセットしてもらった。
ちょっと大きめのサングラスをかけ、普段使わないシャネルの香水もかけた。

下着はその時の事を考え、おもいっきりセクシーな
黒のレースが入ったTバックに黒のブラ。
高めのヒールで10歳は若く見える。

「おはよう。天気が良くてよかったわ」

ケンイチはGパンにTシャツといかにも高校生らしい格好だった。
バイクは今はやりの大型スクーターでとても乗りやすそう。

私たちは箱根に行った。
バイクであちこち立ち寄り、
バイクを降りると普通のカップルのように手を繋いで歩いた。

本当に楽しかった。
今までの自分は何をしていたんだろうと考えてしまうほど楽しく、
自分の年齢やケンイチがススムの同級生なんて事も忘れてしまうぼどだった。

一通り見て回った後、私たちは東名高速を横浜町田で降り、降りたすぐのホテルへ入った。
ラブホテルなんて何年ぶりだろう……。

「へぇー今はおもちゃまで自動販売機で売ってるんだぁ~」

なんて感動している私。
ベットに座りケンイチとキスをした。

  • 「ケンイチって呼んでいい?」
  • 「俺もミサコって呼んでいい」

激しくキスをし、ケンイチが私の胸をまさぐるように触ってきた。
ちょっと痛かったけど私も興奮していて、ケンイチの股間を激しく触った。

弾けそうなケンイチの股間。かわいい。
ケンイチは初めてなんだなぁ~。

私は立ち上がり、わざとケンイチに見せ付けるように
Gパンを脱ぎ、下着姿になった。
ケンイチは切なそうに私を見ていた。

もう私のアソコは溢れんばかりで下着から垂れてきそうだった。
恥かしさもありシャワーを浴びたいとケンイチに言ったが
ケンイチは私を抱きしめTバックの上からむしゃぶりついてきた。

「あっあ~ん」

私は思わず声を上げむしゃぶりつくケンイチを愛おしそうに見つめた。
私もケンイチに色んな事を教えた。

フェラチオをしたら1分と持たず、
ケンイチは私の口の中に放出した。
久しぶりに精液を口にした私は、
大人の女のようにかっこよく飲み込む事はできず、
思わずむせてベットへ出してしまった。

「ミサコ大丈夫??」
ケンイチが心配そうに見つめる。

  • 「大丈夫よ。いっぱい出たね」
  • 「ケンイチの綺麗にしてあげるねっ」

亀頭の先に付いている精液を丹念に舐めてあげると
ケンイチはくすぐったそうに体をくねらせた。

  • 「ミサコ~。なんか変な感じだよー」
  • 「うふふ」
  • 「出したばかりはくすぐったいのねぇ~。ケンチャン!」

しばらくケンイチを味わっていると、最初はくすぐったそうにしていたが、
みるみるうちにケンイチの肉棒はそそり立ち、私の口から溢れんばかりになった。

  • 「ケンチャンもう元気になってきたよ」
  • 「ミサコぉ~。すごく気持ちいいよ~」
  • 「あ~あ~はぁ~」

ケンイチはまた絶頂に達しそうで、
私の髪を掴んで肉棒を口深くに入れようとしたので、

「だぁ~め。今度はミサコのも綺麗にして」

と言いTバックを脱ぎヴァギナをケンイチの口元へ近づけた。
ケンイチは舌を思いっきり伸ばし一生懸命に私のヴァギナを舐めまわした。

「あ~あ~ケンイチぃぃ!あ~あ~そこっ」

ピチャピチャと音を立て舐めまわすケンイチ。
「あ~もっと、あっいやぁ~上の方も、あっクリトリスもあっ舐めてぇ~」

ケンイチの口は私の愛液でネットリしていた。
私はそんなケンイチがいとおしく思え愛液で濡れたケンイチの唇に激しくキスをした。

結局、その日ケンイチは5回も絶頂に達した。
若いって凄いわ~。ススムも同じかしら。

それからもケンイチとは会っている。
学校を早退しては私の家に来て、昼間からセックスをしている。

息子と同じ歳なのに……それが興奮する。とっても。