僕はMだ! 本来は弱い立場の妹に虐げられると興奮する

S性の属性が強い妹がいなければ成り立たない話ではありますが、運良く?Sっ気たっぷりの妹ちゃんにM性を見抜かれてしまったお兄ちゃんが虐げられた体験談。

Sの妹とMな兄

僕の家族は父、母、妹の4人家族。
しかし、実際に血のつながりがあるのは父だけだ。
実の母は僕が幼いときに他界しており、ほとんど記憶がない。

父は仕事が多忙な人で、ほとんど家にはいなかった。
よって、僕は幼いころから祖母に育てられた。
その祖母も僕が小学校2年生の時に他界した。

祖母が他界して間もなく、今の僕の母親である美咲さんが来た。
美咲さんには連れ子がおり、僕の3つ年下だった。名前は悠(はるか)といって
とても可愛らしい女の子だった。

美咲さんも子供の僕から見てもとても美人で、身長がとても高い女性だった。
父は相変わらず、家にいることが少なく、美咲さんも基本的には夜遅くまで
仕事で家を空けていることが多かった。

当然、僕は美咲さんの連れ子である悠と二人で家にいることが多くなった。
悠は僕によく懐いてくれた。僕も悠をとてもよく可愛がった。
悠は美咲さんの子供なだけあって体は大きく、3つ年上の僕と身長は変わらなかった。

僕は元々身体が小さく、背の順では常にトップをキープしていた。
僕は中学生になった。1年、2年、3年‥‥
中学3年になった今でも僕の身長は140㎝ちょっとしかない。
顔も可愛らしい部類だったため、間違えなく中学生には見えないだろう。

何より傷つくのは、悠の身長はどんどん伸びており、
今現在小学校6年生にして168㎝まで伸びていた。
いつの間にか妹の顔を見るためには真上を向かなければ
ならいほどの身長差になってしまった。

次第に悠の態度も大きくなってきて、
昔はお兄ちゃん、お兄ちゃんと言って後ろをちょこちょこくっついてきたのに
今では、僕を見下ろし、「チビだね」とか「まだ、背伸びないの?」などと言い
からかってくる。

勿論、今でも僕のことを好いてくれているのは、よく感じるので嫌な感じはしない。
二人でよくゲームをしたり、くっついておしゃべりに興じたりもする。
しかし、僕の方も昔のままというわけではない。

僕は中学3年生。何にでも性欲を感じてしまう位、お盛んな世代だ。
それが実際は血のつながりがないことを知っている妹がいれば、
それが性的な対象になってもおかしくはない。

何より、悠は身長も高く、体も大人びている。
胸もふっくらしているし、ウエストのクビレも目立ってきている。

さらに言うと、僕はMだ。
僕の性癖は弱い立場の者に虐げられると興奮するというものだ。

つまりは、普通では女の子、小学生、妹というのは
自分より立場も力も弱いはずなのだが実際は妹の方が体が大きく、力も強い・・・
このシュチュエーションに異常に興奮してしまうのだ。

よって最近は悠と一緒に過ごしていると、ちょっとしたことですぐに勃起してしまう。
流石に二人で性的な会話や下ネタで盛り上がったりしたことはなかったが
隣の部屋から、悠が友人と話している声が聴こえて来るので、
悠がある程度性的な知識があることはわかっていた。

ある日僕はいつものように悠の部屋に遊びに行く。
すると悠は「お兄まだ背伸びないんだ、子供みたい」と言いながら僕の額を小突いてきた。
僕は下心を丸出しにして答えた「うるさいな、下はもう大人になってるんだよ」

大したサイズではないが、一応勃起時は剥けている。
「あははは、じゃあ見せて見ろよ」悠は一歩僕の方へ近づいて、上から見下ろしてくる。
「い、いいよ・・・」僕は明らかに動揺し、声が上ずった。

上目遣いに悠を見上げると、悠はニヤニヤしながら僕の顔を見下ろしている。
僕のペニスはギンギンに剃り立っていた。はっきり言って、妹とは言え、自分のペニスを
女子に見られるのは初めてだ。こんな状態のペニスを見られるのは恥ずかしい。
僕はズボンと下着を下し、悠の目の前に屹立したペニスを現した。

「あはははは、何これ~」そう言うと、悠は僕のペニスをピンピンと指で弾いてきた。
「あ、あう」僕は情けない声を上げてしまった。
「何、お兄?感じてるの?あははは」悠は僕をバカにしたように笑っている。

やはり悠は僕がMだということを見抜いている気がする。
僕は内心悠にもっと攻めてほしくこんなことを言ってみた。

「こんなんで感じるわけないだろ!」
「ふーん、じゃあ、こうしてやるよ」

悠はこう言い放つと僕のペニスをぎゅっと握り上下に扱き始めた。
シュシュシュシュ リズムよく悠の手が僕のペニスを擦る。
やばい・・・・あっという間にイってしまいそうだった。しかし、僕は強がる。

「ぜ、全然大丈夫だよ。お前なんかにイカされるわけないだろ」
「ふふふ、お前、小学生に手でイカされたらマジ生き恥だな」

そう言うと悠はさらに勢いよく僕のペニスを扱き上げた。
シュシュシュシュシュシュシュシュシュシュ
もう限界だった。

「あ、ああああ!だ、ダメ・・・出ちゃう!」僕は情けない声を上げる。
「え?マジ?もう出すの?お兄速いから!あははは、じゃあ出せよ。白いの出せ出せ!」

とても小学生とは思えないようなセリフを吐きながら、さらに悠が僕のペニスを扱き上げる。

「ああああ出る!」

僕は情けないことに丁度悠の胸の上あたりにある自分の顔を埋め、悠にしがみついた。

悠ももう一方の手で僕の肩を抱き、ぎゅっと引き付ける。
ドピュドピュと僕のペニスを握っている悠の手から大量のザーメンが飛び出した。

「うわ、うわ!すごーい、超出てる!」

悠は僕が射精する瞬間を見て喜んでいた。
すべてを吐き出した僕は急に恥ずかしくなった。
賢者タイムに入ったしまったのでしょうがない。

「お兄超恥だね?妹に手でイカされて」
「う、うるさいな。今日は調子が悪かったんだ」

とよくわからない言い訳をしていた。

「あははは、じゃあ明日も来いよ。またイかせてやるよ」
「明日はお前なんかにイカされないから!」

全く自信のないセリフを吐き捨て僕は自分の部屋へ戻った。
この日から、僕は毎日悠の手で射精した。
悠もこのシュチュエーションを気に入っているみたいで
楽しそうに僕のペニスを扱いている。

一線は超えなかった。
まだ悠は小学生だし、流石に血がつながらないとはいえ、
直接セックスしたいと言う気にはなれなかった。
それに十分あのシュチュエーションで楽しめたので、僕的には満足だった。

そして、僕は東京の高校へ進学することになり、父が借りたアパートで一人暮らしをすることになった。