彼女と彼女の親友、3人で忘れられないセックスをした思い出

いわゆる3Pってやつですけど、これがAVとか知らない人との3Pではなくて自分の彼女と彼女の親友という関係の上での3Pは興奮しまくりですね。全くもって不謹慎で羨ましすぎるオトナの体験談です。

忘れられない最高のセックス

これは僕がまだ20そこそこのころの体験談です。
当時、僕は高校の後輩の16歳の子とつきあっていました。
名前は由紀子といって、小柄ですが胸が大きい子でした。

つきあってすぐにS●Xしましたが、最初は子供の頃露出狂に会ったり、
ちかんにあそこをさわられたりしたから・・・なんて言っていたのでS●X恐怖症かな
とおもっていましたが、数回やるうちに正反対だということがわかりました。

特にフ●ラチオは絶品で、竿から袋まで丹念に舐めてくるのです。
誰に調教されたのだろう・・・ちょっと嫉妬めいた感情もありましたが、
パイズリもしてくれるし、言うことがない状態でした。

ただ、ある日のこと彼女から呼び出され、
家に行ってみるといつになく浮かない顔をしているのです。

  • 「どうした?」
  • 「・・・お父さんが行方不明になっちゃって。」

彼女の家は実は父親がやくざ、というかチンピラというか、
とにかく堅気ではなかったのです。

今までも一度出かけると半月くらいは帰ってこなかったりということはあったのですが
今回はまじめに失踪、妹と二人でどうするかということだったのです。
幸い、叔父さんが近くにいたのでしばらくはそこにご厄介になることに。
私も引越しを手伝うことにしました。

半月くらいかかったのですがある日、
由紀子の親友で近所に住んでいる亮子がやってきました。
その頃は部屋のかたずけが若干残っている程度で、亮子も掃除を手伝いました。

夜は結局亮子も泊まることになり、
せっかくだからと酒をしこたま買いこみ
3人で飲み明かそうということになりました。
いいかげん酔いも回り亮子がトイレにと席をたったとき、
由紀子が急に暑いといってTシャツを脱ぎ始めたのです。

  • 「おいおい、やめろよ」
  • 「なんで~、いつも二人きりのときはすぐ脱がすじゃん」

そういいながらTシャツを脱いでしまいました。ノーブラなので胸がプルンとゆれます。
「今日は亮子もいるんだしさ、着とけよ」
由紀子はしぶしぶTシャツを着ました。
タイミングよくというか、亮子も帰ってきましたが、
眠いらしくいきなりベットに横になりました。

「あ~、リョウちゃん駄目だよぉ~。まだ寝るには早いよ~」
ろれつの回らない声で由紀子がベットに上がります。
「だって眠いんだもん・・・」

亮子が答えましたが、由紀子は調子にのって
亮子の上で四つんばいになりました。
「起きないとぉ~、襲っちゃうぞぉ~」

そう言いながら、顔を亮子の顔へ近づけます。僕は正直びっくりしたのと、
もしかしたらという期待でドキドキしました。亮子は半目をあけながら、
「あたしそんな趣味はないよ~」と言っています。
由紀子はと見ると、半分冗談半分本気といったところでした。

僕が由紀子の頭を押してやると抵抗もなく由紀子はさらに顔を近づけ、
ついにキスをしたのです。しかも舌をいれて、
ぴちゃぴちゃと舌を絡ませる音が聞こえ、
僕は思わずつばを飲み込みました。

それがわかったのか、由紀子は亮子から顔をはなし、ちらっと僕の方を見ました。
「さるさるが押すからさぁ~」などと言いながら
今度は亮子の胸をもみはじめました。

亮子はと見てみるとすっかり顔は上気して僕のほうを見ています。
実は以前、亮子とはキスだけはしたことがあるのです。
僕は亮子とディープキスをしました。

由紀子は「リョウちゃんの胸やわらか~い」といいながらさらにもんでいますが、
別に僕たちのキスを見てもなにもいいません。
そのうち亮子が僕の首に両手を回してきました。

キスをしてやりながら僕は由紀子と協力して亮子の服をすべて脱がしました。
由紀子もすぐに脱ぎ、僕のズボンを脱がしにかかり、
すっかり勃起したペニスをつかみ、手馴れた調子でしごき始めました。

その間に僕は亮子の胸をもみ、
乳首を口に含み舌でころころところがしてやると
亮子は必死に快感を我慢している様子で、
しっかり閉じた口から喘ぎ声が漏れています。

由紀子も亮子の胸をもみ、乳首を含むとついに我慢しきれなくなったのか、
とうとう口をあけて喘ぎはじめました。僕が口元にペニスを差し出すと、
亮子は先端をアイスキャンディーを舐めるようにぺろぺろと舐めはじめました。

その間に由紀子は亮子のあそこを愛撫し始め、
亮子は快感を示すようにますます僕のペニスを舐め、口に含みました。
口の中で舌が動き、絶え間なく私に快感を送ってきます。

僕も由紀子と一緒にあそこを愛撫しました。
ついに我慢しきれなくなったのか、亮子はペニスから口を離すと
「いや、いや」と繰り返し言います。

僕が仁王立ちになり、ペニスを差し出すとまずは由紀子が竿を舐め始め、
ぐったりしていた亮子も起きあがり、一緒になって舐めてくれました。
二つの舌が同時にペニスを這い回るときの快感といったら・・・。

僕がベットに横になると亮子が僕の上半身に舌を這わせ、
由紀子はペニスをしごきつつ袋の部分を舐めてきました。
すっかり王様気分です。

「亮子、そろそろ欲しいんじゃないか?」
僕がそう言うと亮子はこくんとうなずきました。
でも心配そうに由紀子を見ましたが、
由紀子は「お先にどうぞ~」などと言っています。

それで安心したのか、起立しているペニスの上にまたがり、自ら挿入したのです。
女性上位でピストン運動している最中、由紀子は亮子の胸をもんだり、
僕の乳首を舐めたりしていましたが、そのうち我慢できなくなったのか、
ベット脇でオ●ニーをし始めました。

亮子はそれを見ながらますます興奮したのか、
動きが激しくなりついに「あっ」と叫ぶと、イってしまったようでした。
僕も彼女の親友とやっているという興奮から、中だししてしまいました。

ゆっくりと倒れた亮子を見て、由紀子が僕のペニスを清めてくれたのです。

・・・あれからもう8年近くが過ぎています。
その後由紀子と別れ、亮子とも疎遠になりましたが、
いまでもあのときのことを思い出すと興奮してしまいます。